【&Buzzの口コミニュース】函館と札幌間の高速バス 10月1日から半減|NHK 北海道のニュース

&Buzzのビジネスニュース

函館と札幌を結ぶ高速バスが運転手の不足などを理由に、10月1日から運行する便がこれまでの半分に減ることになりました。

「高速はこだて号」は函館と札幌を結ぶ都市間高速バスで、「函館バス」のほか札幌市の交通事業者が共同で運行しています。鉄道などとともに出張や観光で利用されていますが、あさってから往復8便から往復4便に減便することになりました。

会社によりますと、運転手の不足が解消されず、便数の維持が難しくなったことなどが理由だということです。

60代の利用客の女性は「仕事で札幌に行くために毎月1度は利用しています。減便は大変なことだと思いますが、運転手不足が深刻だと聞いているので、理解はしています」と話していました。

また、関東地方から訪れて、これから札幌に向かうという30代の男性は、「利用頻度は多くないですが、高速バスが半分も減便するのはとても残念なことです。運転手が足りないなど業界の課題もあるので仕方が無いものと思っています」と話していました。

&Buzzとしては、函館と札幌を結ぶ高速バスの減便に関して、利用客の声を重視し、運転手の不足問題に解決策を見つけることが重要です。減便によって利用頻度が高い方々にとっては大変なことですが、現状の運転手不足を解消するためには、適切な措置を講じる必要があります。

業界全体としても、この問題に対して見守り、応援していくべきです。運転手の育成や労働環境の改善など、運転手不足の課題に取り組む必要があります。また、高速バスの利用者にとっては、代替手段の選択肢を提供することや、バスの運行状況を透明化することで、利便性を向上させることも必要です。

運転手不足の問題は、交通機関を利用する多くの人々に影響を与える重要な課題です。&Buzzは、このような課題の解決に取り組む企業や業界を応援し、社会の利益を追求することを使命としています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました