【&Buzzの口コミニュース】出口局面で財務悪化しても政策運営損なわれず、正常化には距離=植田日銀総裁 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

日銀の植田和男総裁は、金融緩和の出口局面で中央銀行の財務が一時的に悪化しても、金融政策の目的である「物価の安定」を実現できていれば政策運営能力は損なわれないとの見方を示しました。出口戦略にはまだ距離があるとの考えも強調されました。デフレを脱却するための政策により日銀の財務構造に変化が生じ、利息収入は増加していると述べられました。バランスシートの拡大・縮小に伴い収益が振幅するメカニズムが内在しているとし、金融正常化に向かう場合には中銀の収益は下押しされるが、長い目で見れば回復していくとの説明もされました。また、通貨の信認は金融政策運営によって確保されるとの主張もありました。日銀は「物価の安定」を実現し、賃金の上昇を伴う形で目標を達成すると強調しましたが、2%目標の持続的・安定的な達成にはまだ至っていないと述べられました。

&Buzzとしては、日銀の金融緩和の出口局面や収益の変動に対する植田総裁の考え方は注目されるべきです。出口戦略に関してはまだ距離があると言及されており、市場での思惑がくすぶるなかで慎重な姿勢が示されました。また、金融正常化に向かう場合の財務変化や収益の振幅についても説明がありました。これらの要点に加え、金融政策の目的である「物価の安定」の実現や通貨の信認の重要性についても言及されました。このニュースを通じて、日銀の政策運営や金融市場の動向に対する影響に対して、&Buzzは注目し、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました