【&Buzzの口コミニュース】処理水 1回目の放出“計画どおり完了” 7800トン 東京電力 | NHK | 福島第一原発 処理水

&Buzzの一般ニュース

2023年9月11日 16時35分

福島第一原発 処理水

東京電力は、先月24日に開始した、福島第一原子力発電所の処理水の海への放出について、1回目の放出が11日正午すぎに完了したと発表しました。作業の中断などトラブルはなく、タンク10基分7800トンを計画どおり放出したということで、今後、3週間程度かけて設備の点検などを行い、準備が整いしだい2回目の放出を始めることにしています。

福島第一原発では、汚染水を処理したあとに残るトリチウムなどの放射性物質を含む処理水が、1000基余りのタンクに保管されていて、東京電力は先月24日から、政府の方針に従い、基準を下回る濃度に薄めて海への放出を始めました。放出は、一日当たりおよそ460トンの処理水に大量の海水を加えて行い、東京電力は、11日午後0時15分、1回目の放出を完了したと発表しました。設備の故障による中断などトラブルはなく、タンク10基に入っていた7800トンを計画どおり放出したということです。また、原発から3キロ以内の海域で毎日行っている10か所での海水のトリチウム濃度の分析では、これまでに検出された最大の値が1リットル当たり10ベクレルと、東京電力が放出の停止を判断するレベルの700ベクレルを大幅に下回っています。東京電力は、今後、3週間程度かけて設備の点検などを行い、準備が整いしだい2回目の放出を始めることにしていて、今年度は合わせて4回でタンク40基分の3万1200トンを放出する計画です。

松野官房長官は午後の記者会見で「これまでのモニタリングの結果なども踏まえ、計画どおり放出できており、安全に進められていると認識している。次回の放出時期については、現場での点検などを行った上で 今後、東京電力から示されると聞いているが、引き続き安全に進められるよう注視していきたい」と述べました。

シェアは、ニュース記事:「【&Buzzの口コミニュース】処理水 1回目の放出“計画どおり完了” 7800トン 東京電力 | NHK | 福島第一原発 処理水」の要約ですが、この要約をもとに

①要約をリライトし、合理的な範囲内で膨らませてください。

東京電力は、福島第一原子力発電所の処理水の海への放出に関して、1回目の放出が計画どおり完了したと発表しました。作業はトラブルなく進められ、3週間程度の設備点検の後、2回目の放出が予定されています。これまでのモニタリングによると放出は安全に進められており、次回の放出時期については東京電力からの報告を待っていると述べられています。

②このニュースの内容に対する感想を300文字

&Buzzとしては、東京電力による処理水の放出が計画どおり進められ、一回目の放出が無事完了したことを見守っていきたいと思います。安全性に関するモニタリング結果も良好であり、次回の放出時期についても東京電力の報告を待ちながら、引き続き安全に進められることを期待しています。福島第一原発の処理水問題は多くの人々にとって重要なテーマであり、地元の方々や関係者にとっても負担の少ない解決策が求められています。政府や東京電力は、情報提供や安全対策の徹底を行いながら、透明性と信頼性のある対応を心掛けてほしいと願います。被災地の復興と環境保護の両面でのバランスの取れた取り組みに期待しています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました