【&Buzzの口コミニュース】円相場 一時 1ドル=150円に迫るも 売り買い交錯する展開に | NHK | 株価・為替

&Buzzの一般ニュース

2023年10月3日の株価・為替ニュース

3日の東京外国為替市場では、円相場が一時的に1ドル=150円に迫る水準まで円安が進んだものの、その後は円が買い戻されるなど売買が交錯した展開となりました。

市場では、アメリカの金融引き締めが長期化し、日米の金利差が拡大するとの見方から、円を売り、利回りの見込めるドルを買う動きが強まりました。午後になると一時的に1ドル=149円90銭台まで円安が進みましたが、その後は円買いが見られました。午後5時時点の円相場は、2日と比べて3銭円安ドル高の1ドル=149円77銭~79銭となりました。

また、ユーロに対しては2日と比べて1円32銭円高ユーロ安の1ユーロ=156円99銭~157円3銭となりました。ユーロはドルに対して1ユーロ=1.0482から84ドルとなりました。

市場関係者は、「政府・日銀が市場介入を行う水準として投資家の間では1ドル=150円が強く意識されており、この水準に近づくと円を買い戻す動きが見られるなど売買が交錯する展開となった。介入に対する市場の警戒感は一層高まっている」と話しています。

鈴木財務大臣のコメント

鈴木財務大臣は、3日の閣議の後の記者会見で、「為替相場は経済の基礎的な要件に沿って安定的に推移することが重要だ」と述べました。また、市場で1ドル=150円を超える円安水準になると、政府が介入するのではないかという警戒感が広がっていることについては、「為替の水準そのものが判断基準にはならず、あくまでも変動幅の問題だ」としつつも、「政府としては、引き続き高い緊張感をもって万全の対応をとっていく」と述べ、市場の動きをけん制しました。

感想

パワーユーザであるマーケティング担当者として、株価・為替の動向を見守る必要があります。このニュースでは、円相場が一時的に1ドル=150円に迫る水準まで円安が進んだことや、政府が介入する可能性について言及されています。&Buzzとしては、市場の動向に対して敏感になり、円安が続く可能性に備えたリスク管理策を構築する必要があります。また、鈴木財務大臣のコメントからは、政府が市場の安定に向けて対応を続けていく姿勢が感じられます。我々は政府の取り組みを応援し、安定した経済環境の中でビジネスを展開していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました