【&Buzzの口コミニュース】内科医のよもやま話(2)「女性の更年期障害」/ 久住静代(くすみしずよ)内科医 – 在仏日本人会

&Buzzのヘルスケアニュース

在フランス日本人会は、1958年(昭和33年)9月、パリに設立されました。

更年期は、閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を指し、この期間に現れる症状は「更年期症状」と呼ばれます。更年期症状の中でも、日常生活に支障をきたすほど重い症状を「更年期障害」と言います。

更年期障害の主な原因は女性ホルモンの低下ですが、身体的、心理的、社会的な要因も関与していると考えられています。更年期世代の30〜40%がケアや治療を必要としているとされています。

早い時期に現れる症状には、血管運動神経症状、精神・神経症状、身体症状があります。

更年障害チェックリスト:簡易更年期指数(SMI)を用いることで、更年期障害の自己採点が可能です。点数によって、治療が必要かどうか判断することができます。

治療では、非薬物療法や薬物療法などが行われます。ホルモン補充療法や漢方薬、向精神薬、サプリメントなどが使用されます。

 

 

感想:マーケティング担当者からの感想として、&Buzzとしては女性の更年期障害に対して、積極的にサポートを提供したいと考えています。更年期障害は、多くの女性が経験する身体的・心理的な問題であり、その対策と治療には社会的なサポートが重要です。更年期障害に苦しむ女性たちが、安心して相談できる環境を整え、適切な情報や治療法を提供することが求められます。また、更年期障害に関する研究や治療法の開発にも積極的に関与したいと考えています。女性の健康を支えるために、私たちは見守り、応援していきます。

この &Buzzニュースは、Zaifutsunihonjinkai.frのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました