【&Buzzの口コミニュース】公転周期が長い太陽系外惑星「TOI-4600b」と「TOI-4600c」をトランジット法で発見 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

太陽系外惑星の発見は、現在の観測手法の限界から、公転周期が50日を超えるものはほとんど見つかっていない。しかし、最近、ニューメキシコ大学の研究チームが、NASAの宇宙望遠鏡「TESS」の観測データから、新たな太陽系外惑星「TOI-4600b」と「TOI-4600c」を発見したと報告した。特に、TOI-4600cの公転周期は約483日であり、TESSの観測で発見されたものとしては最も公転周期が長い。これらの惑星は、低温の巨大ガス惑星と高温のホット・ジュピターの性質を持つと考えられている。

TOI-4600の発見は、トランジット法と呼ばれる観測方法によって行われた。この方法では、恒星の手前を惑星が横切る現象を利用して惑星を発見する。また、視線速度法という方法も使われており、恒星の光の波長の変化を利用して惑星を発見する。

TOI-4600の発見は、惑星の公転周期が50日以上のものを見つけることが難しいという制約がある中で行われたものであり、貴重な発見と言える。TOI-4600bとTOI-4600cの存在は、太陽系の形成についての理解を深める上で重要な情報となる。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました