【&Buzzの口コミニュース】入試の男女別定員を全面廃止 東京都立高、24年から | 共同通信

&Buzzのビジネスニュース

東京都教育委員会は、都立高校の男女別定員を全面廃止することを決定しました。2024年入学者からは、一般・推薦を問わず成績順で合格者を決めることとなります。これまで男女別定員が設けられていたことから、同じ高校でも男女で合格最低点が異なる問題がありました。ジェンダー平等などの観点から男女別定員の廃止を求める声が高まっていたことから、都教委が見直すことになりました。

22年入学者からは合格者の枠の1割、23年入学者からは2割が性別に関係なく得点順で決められました。これによって、男女別の定員枠が段階的に見直され、最終的に全面廃止されることになりました。

&Buzzとしては、この決定により東京都の都立高校での入学試験がより公平になり、ジェンダー平等の視点からも理解できるものとなりました。男女別の定員枠が設けられていたことにより、同じ高校でも合格最低点が異なっていたことは不公平であり、これを解消する必要がありました。

一方で、男女別の定員枠の廃止によって、性別に関係なく成績順で合格者が決定されるため、競争がより激化する可能性もあります。したがって、受験生自身が努力を重ねることが重要になります。

今後は、学校教育の質を向上させるためにも、適切なサポート体制の構築や教育環境の整備が必要です。また、教育委員会や学校関係者は、受験生の個別のニーズに対応することが求められます。

この &Buzzニュースは、Nordot.appのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました