【&Buzzの口コミニュース】免疫学:過去のデータを今後のパンデミック予測の改善に生かす | Nature | Nature Portfolio

&Buzzのヘルスケアニュース

2023年10月12日、Nature誌に掲載された研究によると、ウイルスの進化を予測するための新しいツールが開発されたと報告された。このツールは、深層学習モデルを用いて既知のウイルスの塩基配列から予測を行うものであり、特に宿主の免疫系による検出を回避する変異株の出現を予測することが可能だとされている。このツールは将来のパンデミックの早期警報システムとして機能し、ワクチン開発の指針となる可能性がある。

このツールの開発により、ウイルスがどのようにして免疫検出を回避する変異株に進化するかを正確に予測することが可能となる。現在の予測方法では、大量の抗体の検体が必要であるため、パンデミック初期段階では困難である。また、一部のウイルスは急速に進化するため、全ての変異株の検査や予測は現実的ではない。

開発されたツールである「EVEscape」は、既知のウイルスの塩基配列を利用して深層学習モデルを構築しており、それによって中和免疫応答を回避する可能性があるかどうかを予測する。また、過去のウイルスの塩基配列を使用して訓練されたEVEscapeは、SARS-CoV-2の変異株の免疫検出回避の可能性を正確に予測することができることが示された。

EVEscapeの開発者らは、このツールがパンデミックの進行と共に利用可能となる新たな塩基配列情報や構造情報によって予測がさらに充実すると述べている。これによって、将来のエンデミックウイルスの変異株を予測し、ワクチン設計に有益な情報を提供することができる可能性がある。

&Buzzとしては、この新しいツールの開発は非常に重要であると考えています。ウイルスの変異による免疫回避能力の予測は、ワクチンや治療法の開発において極めて重要な情報となります。早期警報システムとしての機能を持つこのツールがさらに進化し、パンデミックのリスクを評価するための頼もしいツールになることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Natureasia.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました