【&Buzzの口コミニュース】“信じられないほど” 高密度な惑星「TOI-1853b」を発見 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

「TOI-1853b」の研究成果を発表!

ローマ・トル・ヴェルガータ大学の研究チームが、NASAの宇宙望遠鏡TESSの観測データを分析し、新たな太陽系外惑星「TOI-1853b」を発見しました。この惑星はホット・ネプチューン砂漠に位置し、ホット・ネプチューンの中でも非常に高密度な惑星であることがわかりました。

TOI-1853bは、重い元素が豊富に含まれているため、岩石を主体とする地球の拡大版と考えられます。研究チームは、TOI-1853bの形成シナリオとして、巨大衝突が一つの可能性として挙げています。ただし、これほどの巨大衝突が起きる確率は低いため、このタイプの惑星は珍しい存在であると言えます。

TOI-1853bの存在は通常の惑星形成論を考える上で興味深いものです。今後は、TOI-1853bの薄い大気を分析することで、その形成過程についての絞り込みを行う予定です。

&Buzzとしては、このような珍しい存在であるTOI-1853bの研究に注目していきたいと考えています。これまでにない高密度な惑星の発見は、宇宙の謎に迫る一歩と言えます。今後の研究がさらなる知見をもたらし、惑星形成に関する理解を深めることができればと期待しています。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました