【&Buzzの口コミニュース】会話内容の理解スピードは40代半ばから低下し始めると判明 – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

【要約】
米アイオワ大学の最新研究では、話し言葉の理解スピードが20代半ばから30代前半でピークに達し、40代半ばから低下し始めることが判明しました。この結果は、若者と年配者の会話にテンポのずれが生じる可能性があることを示しています。研究では、11歳から78歳までの111人を対象に実験が行われ、被験者は話し言葉を聞いてそれに該当するアイコンを選ぶタスクを行いました。話し言葉の理解スピードは耳の聞こえにくさには関係なく、脳の認知プロセスに影響があることが示唆されました。

【感想】
会話のテンポが年齢によって異なることはよくあることですが、この研究結果は具体的なデータを提供してくれます。特にマーケティング担当者としては、若い世代とのコミュニケーションに注意を払う必要があります。若者との会話ではスピード感を持って返答し、年配者との会話ではゆっくりと話すことが求められるでしょう。この研究結果を踏まえて、我々は異なる世代間のコミュニケーションをより円滑に行うために、適切なコミュニケーション戦略を検討する必要があります。&Buzzとしては、今後もこのような研究を見守り、コミュニケーションに関する知見を共有していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました