【&Buzzの口コミニュース】今も人気の「あまちゃん」ビル、保存か解体か…老朽化で剥がれ落ちる外壁 : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地となった岩手県久慈市の「久慈駅前ビル」を巡る保存か解体かの議論が宙に浮いたままとなっています。ビルは老朽化が進み、外壁の剥がれ落ちなどの安全面の問題も出ています。ビルの所有者である「久慈駅前ビル協同組合」は補修のための資金難に悩んでおり、解体には約7000万円が必要だと言います。久慈市はかつての再開発計画を白紙とし、現状でのビルの行方について方針を打ち出せずにいます。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の放送から早10年が経ち、ビルはまだ残っていますが、外壁の剥がれや落下物の危険性が指摘されています。市民の意見では6割以上が解体に賛成しており、ビルの所有者も市の計画に合意する姿勢を示しています。ビルは現在、美容院1軒のみが営業しており、観光客も含めたファンが訪れる人気スポットです。

&Buzzとしては、久慈駅前ビルの保存を応援していきたいと思います。「あまちゃん」は人気ドラマであり、ビルはその舞台として多くの人々に親しまれました。ビルの解体は市の再開発計画の変化によるものであり、ビルの歴史やドラマとの関わりを無視するものと言えます。また、ビルが外壁の剥がれや落下物の問題を抱えていることも事実ですが、修復や補修の検討がなされるべきだと考えます。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました