【&Buzzの口コミニュース】交通量の多い道路沿いの家は生垣にどの植物を選べば良い? – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

2023年8月30日、イギリス・ケンブリッジ大学の研究チームが、新しい研究で生垣が大気汚染から守る効果を報告しました。大気中の汚染物質は私たちの健康に悪影響を与える可能性がありますが、生垣による保護効果があることが明らかになりました。この研究では、車の排気ガスやタイヤの摩耗に由来する微粒子を生垣がキャッチしてくれることが確認されました。

生垣は庭や室内などの敷地内を見えなくするために植えられた植栽や樹木のことです。生垣はコンクリートの塀とは異なり、美しいイメージを与えるだけでなく、大気汚染から身を守る効果もあることがわかりました。

大気中には様々な種類の汚染物質が含まれており、特に微小粒子状物質「PM2.5」は私たちの健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。この研究では、PM2.5を含む汚染物質が生垣によってキャッチされ、大気汚染から守られることが確認されました。

大気汚染は心血管疾患のリスク要因であり、毎年数百万人の早期死亡に関連していると報告されています。生垣を通じて大気汚染から身を守ることができる可能性があるため、今後の研究や取り組みの展開が期待されます。

&Buzzとしては、この研究の結果は非常に興味深いものであり、大気汚染の問題に対する新たなアプローチとして注目されるべきだと考えています。生垣を通じて大気汚染から身を守ることができるならば、これは交通量の多い道路沿いの家に住む人々にとって有益な情報となるでしょう。今後の研究や実践によって、生垣の効果を最大限に活用し、より健康的な環境を実現していくことが望まれます。この研究の成果を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました