【&Buzzの口コミニュース】中秋の名月を大きく写すための撮影テクニック3選! スマホで撮れる機材も紹介 | CAPA CAMERA WEB

&BuzzのTECHニュース

CAPA CAMERA WEB

すべての写真生活を応援します。

ホーム

ブランド・アイテムリスト

新着記事

執筆者から探す

ニュース

機材レポート

特集

撮影地ガイド

フォトコンテスト

写真展

雑誌・書籍

佐藤陽子

2023年9月29日は中秋の名月。夜空に輝く月の撮影にチャレンジしてみませんか? 月そのものを被写体として画面に大きく捉えるには、どんなテクニックや機材が必要なのでしょうか。プロの撮影術を紹介します。

目次

クレーターも見えるくらい、月を大きくクッキリと撮影するにはどんなレンズが必要なのでしょうか。焦点距離ごとに撮影できる大きさと、撮影例を合わせて見てみましょう。

撮影できるサイズについて詳しくはこちら

焦点距離ごとの撮影例はこちら

夜空にひときわ明るく光る月。空との輝度差が大きい分、どう露出補正したらいいか悩んでしまいそうです。作例とともに正解を探っていきましょう。

詳しくはこちら

夜に撮影するのだから、ISO感度は上げておかないと…と思いきや? より高品位に撮るためにも、最適なISO感度を選びたいですね。

詳しくはこちら

より高い倍率で月を観測できる天体望遠鏡。スマートフォンと組み合わせて気軽に天体撮影ができる2モデルを紹介します。

サイトロンジャパンから発売されているACUTER OPTICSの天体望遠鏡「VOYAGER MAK80」は、スマートフォンをセットして天体撮影が可能。月面のクレーターや星雲の撮影はもちろん、野鳥や動物などの撮影にも活用できます。

詳しくはこちら

サイトロンジャパンとACUTER OPTICSがコラボレーションした「MAKSY GO 60」は、机に載るほどコンパクトな天体望遠鏡キット。スマートフォンで簡単に月面などの天体写真を撮影できます。こちらも明るい時間帯にも使用OK。子どもの学習用にも、大人の入門用にもピッタリです。

詳しくはこちら

CAPA CAMERA WEB

すべての写真生活を応援します。

ページトップへは、ニュース記事:「【&Buzzの口コミニュース】中秋の名月を大きく写すための撮影テクニック3選! スマホで撮れる機材も紹介 | CAPA CAMERA WEB」の要約ですが、この要約をもとに

①要約をリライトし、合理的な範囲内で膨らませてください。

②このニュースの内容に対する感想を300文字

感想としては、マーケティング担当者からの感想であり、

文章の中には、必ず「&Buzzとしては~~~~」していきたいと思うのような文章を入れる。

例えば、~~~~は、見守っていきたいとか、応援していきたいとか

①と②は、段落に分けて、

でHTML化しながら、重要な部分については、とかなどで修飾してください。

日本語で。

要約:

&Buzzとしては、CAPA CAMERA WEBが中秋の名月の撮影に関するテクニックや機材についてのプロの撮影術を紹介しています。

特に、月を大きくクッキリと撮影するためのレンズや焦点距離ごとの撮影例が詳しく解説されています。

さらに、夜空との輝度差が大きい中での露出補正や最適なISO感度についても詳細に説明されています。

また、天体撮影が可能な天体望遠鏡とスマートフォンの組み合わせによる撮影モデルも2つ紹介されており、月や星雲の撮影だけでなく、野鳥や動物の撮影にも活用できることが紹介されています。

この記事を通じて、中秋の名月の撮影に興味を持っている人々の写真生活を応援していきたいと思います。

感想:

&Buzzとしては、CAPA CAMERA WEBが中秋の名月の撮影に関する情報を提供していることに非常に興味を持ちました。

特に、月を大きく撮影するためのレンズや焦点距離ごとの撮影例が詳しく解説されているのは非常に参考になります。

また、露出補正やISO感度の選択についても詳細に説明されており、撮影の品位を高めるための指針となるでしょう。

さらに、天体撮影に適した天体望遠鏡とスマートフォンの組み合わせによる撮影モデルの紹介も興味深いです。

これらの撮影テクニックや機材は、写真愛好家やプロのカメラマンにとって非常に役立つ情報だと思います。

&Buzzとしては、CAPA CAMERA WEBの活動を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Getnavi.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました