【&Buzzの口コミニュース】中国、存在感低下避けられず 初めて国家主席不在―G20サミット:時事ドットコム

&Buzzの一般ニュース

国際的なイベントであるG20サミットに中国の習近平国家主席が出席しないことが決まりました。これまで国家主席が毎年出席してきたため、中国の存在感の低下は避けられないと予想されます。中国の外交にとってこの欠席は不信感を高める可能性がありますが、一方でインドのモディ首相が指導力を発揮する好機となるとも言われています。欠席の理由は明らかになっていませんが、中印関係の悪化や米国との首脳会談が時期尚早と判断されたことが原因だと言われています。ロシアのプーチン大統領も同様に欠席を表明しており、米欧対中ロの構図が鮮明化しそうです。これにより、G20は近年、複雑で難しい状況になっていると指摘されています。中国の強引な海洋進出や南シナ海問題についての懸念が高まっており、今回のサミットでも応酬が予想されます。

感想:
中国の習近平国家主席のG20サミット欠席により、中国の存在感が低下する可能性があると報じられています。中国の外交の舞台としてのG20の重要性は高まっており、中国との関係についても注目されています。&Buzzとしては、中国の動向を見守っていきたいと思います。中国との関係の安定化は世界情勢にも大きな影響を与えるため、今後の動向に注目が集まるでしょう。

この &Buzzニュースは、Jiji.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました