【&Buzzの口コミニュース】不遇時代の偉人 山極勝三郎氏ら、推薦されるも受賞せず – 日本経済新聞

&Buzzのサイエンスニュース

<日本経済新聞ニュース要約>

NIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供するサービスです。将来的にはさまざまな切り口でサービスを展開する予定です。

日本のノーベル賞受賞者について、1949年の湯川秀樹の物理学賞が初めてです。それ以前にも、人工的にがんの発生に成功した山極勝三郎など、多くの日本の研究者が受賞に期待されました。

ノーベル財団は、受賞後50年を経過した関連資料を研究者に公開しています。また、2023年のノーベル賞発表は10月2日から始まり、物理学賞、化学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の順で発表されます。

日本経済新聞の記事利用サービスでは、企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などが利用できます。

[Nikkei Inc.No reproduction without permission.]

<感想>
マーケティング担当者として、日本経済新聞の記事利用サービスが非常に便利であり、企業での情報共有や会議資料の作成に役立つと感じました。ノーベル賞についての記事も興味深く、日本の研究者の活躍に感動しました。&Buzzとしては、日本の科学技術に注目し、応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました