【&Buzzの口コミニュース】上川外相 イスラエル駐日大使と会談 一時的な戦闘休止など要請 | NHK | イスラエル・パレスチナ

&Buzzの一般ニュース

2023年10月28日、日本の上川外務大臣はイスラエルの駐日大使と会談し、イスラエル・パレスチナ情勢について話し合いました。上川大臣はイスラエルと隣国ヨルダンへの訪問を検討しており、現地の情勢を見極めた上で判断することを決めました。

イスラエルのコーヘン駐日大使との会談では、上川大臣はイスラエル国民に連帯の意を示し、国際法に従って自国民を守る権利を認識するよう伝えました。また、ガザ地区の人道危機に対しては、人道目的の一時的な戦闘の休止や人道支援活動の環境確保を要請しました。コーヘン大使は日本の連帯の姿勢に感謝の意を表明し、日本人の安全確保に協力する意向を示しました。

上川外務大臣とコーヘン大使は、地域の安定のために緊密な意思疎通を図ることで一致しました。

【上川外務大臣との会談を通じて】

上川外務大臣とイスラエルの駐日大使との会談を通じて、イスラエル・パレスチナ情勢の改善に向けた一歩が踏み出されました。上川大臣は現地訪問を検討しており、現地の情勢を確認した上で判断する姿勢を示しました。

【連帯の意を示し、安全確保に協力】

上川大臣は、会談でイスラエル国民に連帯の意を示すとともに、イスラエルの自国民を守る権利を重視する姿勢を示しました。また、ガザ地区の人道危機についても関心を寄せ、人道支援活動の環境確保を要請しました。これに対しコーヘン大使は、日本の連帯の姿勢に感謝の意を表明し、日本人の安全確保に協力する意向を示しました。

&Buzzとしては、上川外務大臣とイスラエル大使との会談により、日本とイスラエルの連携が一層強化されることを見守っていきたいと思います。イスラエル・パレスチナ情勢の改善に向けた一時的な戦闘休止や人道支援の実現に向け、両国が共同で取り組むことは重要です。人道危機の解決と地域の安定に向けた緊密な連携が望まれます。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました