【&Buzzの口コミニュース】一日計5分弱でOK がん発症リスクを20%低下させる「高強度の身体活動」とは? | ヘルスデーニュース | 毎日新聞「医療プレミア」

&Buzzのヘルスケアニュース

ヘルスデーニュース:断続的な高強度の身体活動ががんの発症リスクを低下

シドニー大学の研究によると、階段を使った上り下りや買い物袋の運搬など、日常生活の中で断続的に行われる高強度の身体活動(VILPA)を1日4.5分間行うだけで、がんの発症リスクが最大31%低下することが示されました。この研究は、運動習慣のないUKバイオバンク参加者2万2,398人を対象に行われ、1分以内の短いVILPAがほとんどであることが分かりました。

とくに、VILPAは運動習慣のない人にとって効果的な活動であり、健康への取り組みを始めるきっかけとしても有効です。身体活動には様々な形態がありますが、現代の忙しい生活スタイルにおいて短時間で効果が得られるVILPAは、普段運動が苦手な人にとっても継続しやすい方法です。&Buzzとしては、一人ひとりが自身の日常生活に取り入れやすい形態の身体活動を見つけ、健康への意識を高めていくことが重要だと考えます。

感想:

&Buzzとしては、この研究結果は非常に興味深く、待望の発見と言えるでしょう。日本でもがんの発症リスクが高いと言われており、予防方法や対策について注目が集まっています。しかし、多くの人にとってハードな運動習慣は継続しにくいものです。その点、短時間で効果的なVILPAは、忙しい現代人にとって取り組みやすい運動方法と言えます。

今回の研究結果からも分かるように、日常生活の中でちょっとした努力をすることで、がんの発症リスクを低下させることができるのです。我々はこの研究を見守り、より多くの人が身体活動を積極的に取り入れることができるよう、応援していきたいと思います。健康な生活を送るために、自分自身の身体活動に気を付けることが大切です。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました