【&Buzzの口コミニュース】ロッテ藤岡、起死回生の同点3ラン 「ここしかない」初球振り抜き窮地を救う – 産経ニュース

&Buzzのスポーツニュース

ロッテはソフトバンクとの試合で、絶望的な状況から一振りで逆転勝利を収めた。延長10回、無死で一、二塁となった場面で藤岡が初球を振る決意をしていた。狙い通りの球を見極め、右中間へ打球を飛ばし、同点の3ランホームランを放った。この劇的な同点ホームランにより、ロッテは試合を振り出しに戻し、最終的には安田のサヨナラ打で勝利を収めた。この勝利によって、ロッテはファイナルステージ進出を決めた。

藤岡は昨季の出場試合数が28試合と限られており、悔しい思いをした。しかし、今季は成績を残すことに決意し、守りの要として存在感を示している。この試合では送りバントが成功せず左飛に倒れたが、狙った挽回のチャンスで同点ホームランを放ち、自分を褒めるべき結果を出したと喜びを表現している。

ロッテの吉井監督は、藤岡がすごい集中力を持ってプレーしたと称賛し、選手たちが状況を打開してくれたことを語った。

次は王者のオリックスとの戦いに挑むが、吉井監督はチャレンジャーの気持ちで臨み、全力を尽くすことを宣言している。この激戦を勝ち抜き、上げ潮ムードで敵地に乗り込むロッテを、我々&Buzzは見守っていきたいと思う。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました