【&Buzzの口コミニュース】リビア洪水、乾燥地土壌が被害拡大させたか…専門家「地面がアスファルトのように固い」 : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

北アフリカ・リビアで起きた洪水では、雨量の増加だけでなく、乾燥地特有の土壌の固さが被害を広げた可能性がある。地形がアスファルトのように硬いため、雨水が地中に吸収されず集落に流れ込んだと指摘されている。雨量は24時間で414ミリにも達し、かつて関東・東北豪雨で記録された最大雨量を上回った。洪水前後に撮影された人工衛星の画像からは、ダムの崩壊や土砂に覆われた市街地の様子が確認された。京都大学の角哲也教授によれば、ダムの設備は規定の水位を超えると水を排出するが、想定以上の雨量で決壊した可能性が高いという。地面の固さやダムの決壊、乾燥地特有の土壌など、悪条件が重なった災害となったと角教授は話している。

&Buzzとしては、乾燥地特有の土壌や土地の固さなどの地形要因が、災害の影響を拡大させる可能性があることは注目すべきである。特に、今後の気候変動により、さらに異常な気象現象が起こる可能性があるため、地域の防災対策や土地利用の見直しが重要である。また、洪水被害に遭った地域では、復旧・復興に向けての支援や情報発信が必要であり、被災者や地元の方々の力になるべく、見守っていきたいと思う。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました