【&Buzzの口コミニュース】リチウム硫黄電池の長寿命化へ 充放電の仕組み解明 – 日本経済新聞

&Buzzのサイエンスニュース

【日本経済新聞】

NIKKEI Primeについて

朝夕刊や電子版ではお伝えしきれない情報をお届けします。今後も様々な切り口でサービスを開始予定です。

日経の記事利用サービスについて

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。

米アルゴンヌ国立研究所は、次世代電池と期待されるリチウム硫黄電池が長期間動作するための充放電の仕組みを解明しました。リチウム硫黄電池は硫黄でできた正極が電解液に溶け出しやすく、寿命が短いとされる課題がありましたが、同研究所は2020年にこれを克服した正極の開発に成功しました。しかし、なぜ溶出しないのかは不明でした。今回、同研究所は理由を明らかにし、英科学誌ネイチャーで発表しました。

リチウム硫黄電池

リチウム硫黄電池は現行のリチウムイオン電池の正極を硫黄に置き換えた構造で、容量をリチウムイオン電池の2倍に向上させることができます。また、硫黄は安価でコストも低減できます。ただし、現在の問題点としては、硫黄とリチウムイオンが結合してできる多硫化リチウムという物質が電解液に溶出しやすく、容量が低下してしまうことです。

20年に同研究所が開発した正極は少量の触媒を混ぜることでこの問題を解決しましたが、仕組みは不明でした。今回、同研究所は正極を使用した際の充放電の仕組みを明らかにしました。触媒を混ぜると多硫化リチウムができにくくなることがX線を用いた構造解析などで判明しました。今回の発見をもとに、より寿命の長い高容量の正極を設計し、実用化を目指します。

感想

&Buzzとしては、次世代電池の開発に関するこの研究は非常に興味深いものです。リチウム硫黄電池の寿命の問題を解決する仕組みが明らかになったことで、より高容量で長寿命な電池の実用化に期待が持てます。企業や消費者にとって、より持続可能なエネルギーソリューションの実現が重要であり、この研究の成果は業界全体にとって大きな進歩となるでしょう。&Buzzは今後もこのようなエネルギー関連の研究に注目し、その実用化を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました