【&Buzzの口コミニュース】ラグビーW杯 日本代表ディフェンスコーチ サモア戦を振り返る | NHK | ラグビーW杯 2023

&Buzzのスポーツニュース

2023年9月29日 21時29分
ラグビーW杯 2023

ラグビーワールドカップフランス大会の日本対サモアの試合から一夜明け、日本代表でディフェンスを担当するジョン・ミッチェルアシスタントコーチが試合を振り返りました。

世界ランキング13位の日本は現地時間の28日、日本時間の29日午前4時から1次リーグの第3戦で世界12位のサモアと対戦し、28対22で勝ちました。日本はここまでの成績を2勝1敗として1次リーグ突破に向けて前進しました。現地では、サモア戦から一夜明けて日本代表でディフェンスを担当するジョン・ミッチェルコーチがオンラインで取材に応じました。ミッチェルコーチは「ディフェンス全体ではアグレッシブにタックルをし続けることができたと思う。タックルミスはあったが、全員がハードワークして内から外へと守ることができた」と評価していました。一方、課題については「ラックまわりの近場からアタックされて勢いをつけられたところがあった。1人目のタックルに関しては修正する必要があるが、ここはすぐ直せると思う」と話していました。

また、選手たちが試合終盤の厳しい局面を「侍タイム」と名付けて、一致団結して守り抜いたことについては「きっ抗した時間帯でプレーの精度を上げて侍のようになるという意味合いで使っている。チームとしてすごくうまくいっている」と説明しました。そして、来月8日に1次リーグ突破をかけて戦うアルゼンチンの印象について「キックを蹴って前進する戦術を前面に押し出してくると思う。非常にクオリティーの高いチームで、モールのバリエーションも多い。ここまでバックスはあまり目立っていないが、ラインアウトからセンターの選手を効果的に使ってアタックしてくると思う」と具体的なプレーをあげて警戒していました。

試合から一夜明け、サモアのトム・コベントリーフォワードコーチがオンラインで取材に応じました。コベントリーコーチは「日本は規律を保ち続け、ペナルティーの数を抑えていた。また、スクラムが強く、我々もそれに対抗しようとしたがうまくいかなかった。効果的なキックも使って自分たちの気が緩んだときに攻め込まれた」と敗因について振り返っていました。一方、サモアは前の試合との間隔が中5日で、日本の中10日に対して短くコンディション面では不利な状態で試合に臨みました。これについては「試合間のインターバルについては、以前から出場チームのうち数チームはこんな感じで、不満の声をあげているところもある。私たちは次のイングランド戦に向けてこれまでよりも長い中8日となるが、日本戦の前は短かった。フィジカル面を整えるのに1週間はほしいところだ」と話していました。

スポーツニュース一覧へ戻る

このニュースによると、日本代表のディフェンスコーチであるジョン・ミッチェルコーチは、サモア戦での勝利を振り返り、選手たちのアグレッシブなタックルと一体感のある守備力を評価しました。また、課題としてはラックまわりの近場からアタックを受ける点を挙げ、修正が必要と話しました。ミッチェルコーチは、選手たちが「侍タイム」と呼んだ試合終盤の厳しい局面で精度を上げて守り抜いたことについても説明しました。次の試合であるアルゼンチン戦については、キックを前面に押し出す戦術とモールのバリエーションに警戒を示しました。

一方、サモアのコーチであるトム・コベントリーフォワードコーチは、日本の規律の保持と強力なスクラムに対抗できなかったこと、効果的なキックによって攻め込まれたことを敗因として振り返りました。また、サモアは日本との試合までの間隔が短く、コンディション面では不利だったと述べていました。

&Buzzとしては、日本代表の勝利に大いに期待し、応援していきたいと思います。選手たちのアグレッシブなディフェンスと一致団結した守備力は素晴らしいものでした。アルゼンチン戦では、ミッチェルコーチの指導のもとさらなる成長が期待されます。また、サモアも試合間のインターバルの問題を抱えながらも戦い抜いた姿勢に敬意を表します。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました