【&Buzzの口コミニュース】マルチ強盗FPS『PAYDAY 3』今週の発売目前に海賊版防止技術「Denuvo Anti-Tamper」導入を取りやめ。ファンからは歓迎の声も – AUTOMATON

&BuzzのTECHニュース

デベロッパーのStarbreeze Studiosは9月16日、協力型強盗FPS『PAYDAY 3』へのデジタル著作権管理技術「Denuvo Anti-Tamper」の導入を取りやめると発表した。本作は、PC/PS5/Xbox Series X|S向けに9月22日発売予定で、発売を前に同技術の採用を撤回した格好だ。

『PAYDAY 3』は、オンライン4人協力プレイ対応のクライムFPS『PAYDAY』シリーズの最新作だ。前作『PAYDAY 2』から数年後のニューヨークを舞台とし、前作での基本的なシステムを受け継ぎつつ、新キャラクターやスキルシステムなどが導入。強盗ミッションにおいては、ソロあるいは仲間と共に正面から突入してもよし、ステルスプレイにてこっそり忍び込んでもよし。また、人質を逃がすか利用するかといった選択などもでき、幅広い戦略が可能となる。

本作ではこれまでにベータテストが複数回実施され、開発元からは本作に「Denuvo Anti-Tamper」を導入していることが明らかにされていた。Denuvo Anti-Tamperは、Irdetoが開発したデジタル著作権管理技術。暗号化・難読化・デバッグ防止技術を組み合わせることで、ハッカーが保護されたコードを分析・変更することを困難にする。簡単にいうと、海賊版が出回ることを防ぐ技術である。

『PAYDAY 3』では、発売を前にして導入を取りやめることが発表されたが、具体的な理由は不明である。ただし、過去の事例から考えると、Denuvo Anti-Tamperがゲームのパフォーマンスに影響を与えた可能性があるのかもしれない。また、ゲーマーの間で議論の対象となってきたDenuvo Anti-Tamperの導入に否定的な意見も多かったため、開発元はファンの要望に応えたのかもしれない。

&Buzzとしては、『PAYDAY 3』がDenuvo Anti-Tamperの導入を取りやめる決定をするという発表は歓迎されるべきである。Denuvo Anti-Tamperはゲームのパフォーマンスに影響を与えたり、認証に問題が生じることがあるため、一部のゲーマーからは不評でした。そのため、開発元がファンの意見に耳を傾け、ゲーム体験の向上を図るために導入を見送ったのだと思われます。

『PAYDAY 3』の発売はPCや次世代機での大きな注目を浴びており、ファンたちは楽しみにしています。Denuvo Anti-Tamperの撤回により、ゲームをプレイする際のストレスが軽減され、さらなる楽しみが与えられることを期待しています。&Buzzは、プレイヤーたちの反応やゲームの販売状況を見守っていく予定です。

この &Buzzニュースは、Automaton-media.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました