【&Buzzの口コミニュース】ブタの日本脳炎抗体保有状況-2023年度速報第7報

&Buzzのヘルスケアニュース

要約:

日本脳炎は日本を含む東南アジアで広く見られる重篤な急性脳炎であり、日本脳炎ウイルスに感染することで発症する。感染経路はイエカ属の蚊による吸血が主で、ブタなどの動物を刺咬した後にヒトに感染する。1960年代までは夏から秋にかけて多くの患者が発生していたが、最近では報告数は低くなっている。しかし、ブタの抗体保有状況からヒトへの感染リスクがある地域とされている。現在も感染が確認され、予防接種が推奨されている。

感想:

&Buzzとしては、日本脳炎の感染に対する注意喚起が重要だと考えます。特に日本脳炎が活動している地域では、未接種や乳幼児、高齢者に対しては蚊に刺されないようにするなどの注意が必要です。地域ごとの情報にも注意し、予防接種を受けることが重要です。今後も感染状況を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Niid.go.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました