【&Buzzの口コミニュース】ピッチクロックがもたらす盗塁増加 影響は日本でも? – 日本経済新聞

&Buzzのスポーツニュース

ニュースの要約:
今季からMLBで導入された「ピッチクロック」やけん制球の制限により、野球の盗塁に変化が生じている。盗塁の企図数が増え、成功率も上昇している。米国ではこの環境下でロナルド・アクーニャが盗塁数を伸ばし、80盗塁到達の可能性もある。一方、日本では盗塁企図率が下がっており、成功率も米国に比べて低い。日本の走者へのマークが厳しく、米国とは進塁に対する価値観の違いがあるためだ。ピッチクロックの導入により、日本でも盗塁が再構成されるかもしれない。

感想:
盗塁の増加や成功率の上昇は、野球競技の魅力を高めていると感じます。特にアクーニャの活躍は注目されるべきです。日本でも米国同様にピッチクロックの導入を検討する動きがあるようで、&Buzzとしてはこれからの動向を見守っていきたいです。盗塁によって走者の足が生かされ、試合が活発化することで、野球の楽しさが広がるのではないでしょうか。応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました