【&Buzzの口コミニュース】ピクセル数はAppleの「Vision Pro」超え。超高解像度VRのVarjoが新製品「XR-4」発表 – Mogura VR News

&BuzzのTECHニュース

Home » ピクセル数はAppleの「Vision Pro」超え。超高解像度VRのVarjoが新製品「XR-4」発表

11月28日、フィンランドの超高解像度VRヘッドセットメーカーVarjoは、3年ぶりの新製品「XR-4」シリーズを発表しました。この新製品は片眼あたり4K解像度のディスプレイを採用しており、視野角も拡大されています。画素密度も向上しており、現在の最高画素密度は51PPDとなっています。本体価格は3,990ユーロからで、追加料金で「SteamVR」や法人向けサポートにも対応しています。

VarjoのVRヘッドセットは、超高解像度のディスプレイと「Bionic Display」技術を採用しており、主に法人やプロフェッショナル向けに開発されています。Varjoの技術は、航空士や宇宙飛行士の訓練、自動車産業、医療・ヘルスケア、建築・デザインなど、さまざまな分野で活用されています。

「XR-4」シリーズは、前モデル「XR-3」からディスプレイ解像度が向上し、視野角も拡大されました。また、付属の専用コントローラーや外部センサーを必要としないトラッキング方式も搭載されています。さらに、LiDARセンサーの性能向上や環境光センサーの搭載など、さまざまな機能のアップデートも行われています。

NVIDIAの3Dデザインツール「Omniverse」との統合も実現し、さまざまなアプリケーションに対応しています。

「XR-4」シリーズには、「XR-4 Focal Edition」と「XR-4 Secure Edition」の2つの派生シリーズも発売されます。それぞれ、特定の用途に向けた機能の追加やセキュリティの強化が行われています。

Varjoの新製品「XR-4」の発表により、超高解像度VRの領域での技術の進化が見られます。この新製品はさまざまな分野で活用されることが期待されており、今後の展開に注目です。&Buzzとしては、Varjoの取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Moguravr.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました