【&Buzzの口コミニュース】ヒトiPS細胞から作製した腎オルガノイドを用いたアルポート症候群病態モデルの開発|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所

&Buzzのヘルスケアニュース

2023年9月28日、京都大学のCiRA(iPS細胞研究所)は、ヒトiPS細胞から作製した腎オルガノイドを用いたアルポート症候群の病態モデルの開発に成功しました。アルポート症候群は、腎臓の病気であり、アルポート症候群の患者さん由来のiPS細胞を使用して腎オルガノイドを作製し、その中で病態を再現できることを確認しました。また、この研究では、タンパク質の構造異常を修復する可能性のある低分子化合物を添加したところ、病態の修復が見られました。

&Buzzとしては、アルポート症候群の治療法の開発に対し、研究所の努力と成果に感銘を受けました。この研究結果は、アルポート症候群の患者さんに新たな治療法の道を開くかもしれません。今後の研究の展開と治療法の実用化に注目し、サポートしていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Kyoto-u.ac.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました