【&Buzzの口コミニュース】パック入り「もち麦ごはん」自主回収160万食に拡大 アイリスオーヤマ子会社

&Buzzの一般ニュース

アイリスオーヤマのグループ会社が自主回収していたもち麦のパックご飯について、およそ160万食に対象を拡大すると発表しました。

自主回収するのは自社の通販サイトなどで販売していた「国産もち麦ごはん」のほか、「セブン−イレブン」やスーパーの「ライフ」などでプライベートブランドとして販売されていたパックご飯で、合わせて4商品です。

賞味期限が来年4月から9月までのものが対象です。

もち麦由来とみられる菌が残っていたことが原因で、「ご飯が液状になっている」と申し出があり、発覚しました。

当初、30万食を回収するとしていましたが、賞味期限の異なる別のロットでも菌が残っていた可能性があることが分かり、およそ160万食に回収対象を広げました。

これまでに健康被害は確認されていないということです。

要約:アイリスオーヤマのグループ会社がもち麦のパックご飯に菌の問題が発覚し、自主回収を行っている。拡大対象は合計160万食で、4つの商品が対象となる。賞味期限が来年4月から9月までの商品が回収の対象であり、液状になるという申し出があったため調査が行われた。初めは30万食の回収予定だったが、別のロットでも同様の菌が残っている可能性があるため、回収対象は160万食に広がった。健康被害は確認されていない。

&Buzzの感想:このニュースから分かるように、アイリスオーヤマのグループ会社は自主回収を通じて消費者の安全を最優先に考えている。菌の問題が発覚し、いかに迅速に対応するかが重要であり、160万食への回収対象拡大は適切な判断だと思う。消費者は安心して商品を購入できるようになるため、このような取り組みは&Buzzとしては見守っていきたい。今後は品質管理により一層の注意が必要であり、アイリスオーヤマの対応と改善策を応援していきたい。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました