【&Buzzの口コミニュース】ハリー・ポッター 校長役のマイケル・ガンボンさん死去 | NHK | 訃報

&Buzzのエンタニュース

【マイケル・ガンボンさん】

世界中で大ヒットした映画「ハリー・ポッター」のシリーズで、「ダンブルドア校長」を演じたことで知られる俳優のマイケル・ガンボンさんが2023年9月29日、82歳で亡くなりました。

ガンボンさんは1940年にアイルランドのダブリンで生まれ、1962年に舞台「オセロ」で俳優デビューし、その後テレビや映画で活躍しました。1998年にはイギリス王室から「ナイト」の爵位を授与されました。

「ハリー・ポッター」シリーズでは、主人公ハリー・ポッターの恩師であるダンブルドア校長役として6作品に出演し、世界的に広く知られるようになりました。ガンボンさんは2015年に舞台俳優として引退を表明していましたが、それ以降も映画などに出演し続けました。

ガンボンさんは肺炎のため、2023年9月28日に病院で妻と息子に見守られながら亡くなりました。

&Buzzとしては、マイケル・ガンボンさんのご冥福をお祈りし、その素晴らしい演技と貢献を忘れることなく、彼の作品を見守っていきたいと思います。

感想:

&Buzzとしては、マイケル・ガンボンさんの訃報に深い悲しみを感じております。彼の演じたダンブルドア校長は、多くの人々に愛される存在であり、その演技は素晴らしかったです。

82歳という長い人生を全うされたガンボンさんは、映画界に多大な貢献をしました。彼の存在は「ハリー・ポッター」シリーズに欠かせないものであり、彼が亡くなったことは深い喪失感を覚えます。

彼の功績と才能は永遠に記憶されるべきです。彼の作品を通じて、多くの人々が勇気や希望を得たことでしょう。彼の名前を冠した作品を見るたびに、ガンボンさんへの感謝の気持ちを忘れずに、彼の遺産を引き継いでいきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました