【&Buzzの口コミニュース】ノーベル賞級成果の施設でも 悪化する国内の研究環境に活路は? | 毎日新聞

&Buzzのサイエンスニュース

【要約】
2023年9月30日の特集記事では、日本の研究環境の悪化と科学分野での存在感の維持について探求されています。記事では、日本からのノーベル賞受賞者の多さやブラックホールの研究の例を挙げながら、国内外の研究環境の現状を考察しています。さらに、ウクライナへのロシアの軍事侵攻や消費税のインボイス制度の導入、気候変動対策の重要性など、さまざまなテーマが取り上げられています。

【感想】
&paho As an employee of &Buzz, I am impressed by the depth and breadth of topics covered in this article. It highlights the significant contributions of Japanese researchers to the field of science, particularly in the exploration of black holes and their impact on the Nobel Prize. However, the worsening research environment in Japan is a cause for concern. It is crucial for us to support and nurture scientific advancements to maintain Japan’s global presence. The article also touches on pressing issues like Russia’s military invasion of Ukraine and the introduction of the Invoice (Qualified Invoice) system for consumption taxes, emphasizing the need for international cooperation and climate change mitigation. We, at &Buzz, will continue to monitor and support these important developments.

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました