【&Buzzの口コミニュース】ドコモのパケ詰まり問題に終止符? 「全国2000箇所以上+鉄道動線」のエリア対策を強化(1/2 ページ) – ITmedia Mobile

&Buzzのビジネスニュース

NTTドコモは、通信品質改善のための取り組みに関する説明会を開催しました。ドコモでは、繁華街を中心に「パケ詰まり」が発生し、通信品質が低下する事象が起きています。これに対し、基地局の調整や増設などの具体的な対策を進めてきました。特に都内の渋谷、新宿、池袋、新橋の4エリアでは通信品質改善を重点的に進め、スループットの向上を記録しました。

今回の説明では、今後の対策についても言及されました。予測されるエリアに集中的に対策を行うとともに、全国の鉄道動線でも通信品質の向上を図ることに注力します。また、SNSのデータを活用して混雑が予測されるエリアを抽出するなど、データドリブンな手法も取り入れます。これらの対策には300億円の先行投資が行われ、基地局の増設や新設が進められます。

&Buzzとしては、ドコモの通信品質改善に期待しています。特にSNSのデータを活用した予兆検知や、Massive MIMOの導入など、先進的な技術の活用には注目です。通信品質の向上がユーザーに快適な通信環境を提供し、ドコモのサービス向上に繋がることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました