【&Buzzの口コミニュース】トラブルで帰還が延期…NASAで宇宙滞在最長記録を持つ飛行士はこの人 | ギズモード・ジャパン

&Buzzのサイエンスニュース

日本語で処理してください

【宇宙滞在最長記録更新】

国際宇宙ステーション(ISS)は、1998年に最初のパーツが打ち上げられ、2011年に完成しました。その後、多くの宇宙飛行士が滞在し続けてきました。最も訪れた人数が多い宇宙ステーションですね!

JAXAの古川宇宙飛行士を乗せた宇宙船が先月無事に打ち上げられ、現在、古川宇宙飛行士はISSで滞在中です。

現在、ISSに滞在中の宇宙飛行士の中には、予定以上の長期滞在をしている人たちがいます。その中の1人が、NASAのフランク・ルビオ宇宙飛行士です。彼は1度のミッションでの宇宙滞在最長記録を更新しました。

ルビオ飛行士は2022年9月に国際宇宙ステーションに向かい、当初の滞在予定期間は6カ月でした。しかし、彼は現在もISS滞在中で、米国宇宙飛行士のミッションでの宇宙滞在記録を更新しました。前の記録は355日で、保持者はマーク・T・ヴァンデハイ宇宙飛行士でした。

ルビオ飛行士が滞在を延長している理由は、彼が地球に帰還する予定だった宇宙船「ソユーズMS-22」に問題が起こったためです。宇宙船外側に穴が開き、冷却剤が漏れていることが判明しました。そのため、乗り込む予定だった3人の宇宙飛行士を残したまま、ソユーズは無人で帰還しました。ルビオ飛行士はその3人のうちの1人です。

予定外の長期滞在ですが、ルビオ飛行士はチャンスと捉えています。彼はアメリカの朝の人気情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』のインタビューで、「人間の体は耐えられることがわかったのは、大きな意味がある」と述べました。将来の月計画や火星探査に向けて、人間の体がどう適応するかを学ぶことは重要であり、それによって地球からもっと遠くの探索においてもパフォーマンスが向上することができると考えています。

【感想】

&Buzzとしては、ルビオ飛行士が宇宙滞在最長記録を更新したことは非常に注目に値します。彼が予定外の長期滞在にも前向きであることは素晴らしいです。宇宙での滞在期間の延長は、人類が長期的な宇宙探査や植民地計画を実現するために重要なデータを提供します。ルビオ飛行士の体がどのように適応し、宇宙での生活にどのように対応するのか、見守っていきたいと思います。彼の経験が将来の宇宙探査に役立つことを期待しています。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました