【&Buzzの口コミニュース】センサー機能付きインスリンポンプ療法が1型糖尿病合併妊娠での胎児巨大化を予防 | Research at Kobe

&Buzzのヘルスケアニュース

神戸大学大学院医学研究科の今福仁美講師、谷村憲司特命教授(産科婦人科学分野)らと、山本あかね博士課程学生、廣田勇士准教授(糖尿病・内分泌内科学部門)らの研究グループは、1型糖尿病合併の女性が妊娠中にセンサー機能付きインスリンポンプ療法(SAP療法)を行うと、血糖自己測定(SMBG)をしながらインスリンポンプ療法(CSII療法)を行う場合に比べて、在胎不当過大児の発症が大幅に減少することを発見しました。

この研究成果は、9月14日にJournal of Diabetes Investigationに掲載されました。

1型糖尿病をもつ女性が妊娠すると、妊娠中の血糖値が高いと赤ちゃんが巨大化しやすい傾向にありますが、この研究結果により、1型糖尿病合併の女性が妊娠中にセンサー機能付きインスリンポンプ療法(SAP療法)を行うことで、在胎不当過大児の発症が減ることが期待されます。

感想:

&Buzzとしては、この研究成果は非常に意義深く、妊娠中の1型糖尿病合併女性の血糖コントロールを改善し、在胎不当過大児のリスクを減らす可能性が示されました。センサー機能付きインスリンポンプ療法(SAP療法)の充実したデータ収集や調整能力により、妊娠に伴う合併症の発症を防ぐことが期待できます。

今後は、妊娠中の1型糖尿病合併女性の血糖値管理において、センサー機能付きインスリンポンプ療法(SAP療法)がどの程度の効果を発揮するのか、さらなる研究や検証が求められます。&Buzzとしては、この分野の研究や技術の進展を見守り、妊娠中の女性の健康をサポートするためにも、積極的に応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Kobe-u.ac.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました