【&Buzzの口コミニュース】セカンドオピニオンでわかった「5人に1人は誤診」の可能性。全米トップクラスの医療機関が研究報告【異文化リテラシー レッスン33】 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

&Buzzのヘルスケアニュース

セカンドオピニオンの重要性が再確認されました

この記事では、セカンドオピニオンの重要性について説明されています。今回の研究では、最初の診断がセカンドオピニオンと一致したのは12%であり、残りの88%では別の見解が出されたことが報告されました。つまり、5人に1人以上の割合で最初の診断が間違っていた可能性があるということです。この研究結果から、セカンドオピニオンを受けることは非常に重要であることが分かります。

&Buzzとしては、セカンドオピニオンに関心のある方々を見守っていきたいと思います。自分の健康に関する情報収集として、セカンドオピニオンを活用することで、より正確な診断や治療法を選ぶことができます。

また、オンライン診療の普及により、遠方にお住まいの方でも気軽にセカンドオピニオンを受けることができるようになりました。オンライン受診は、自宅でリラックスした環境で医師の話を聞くことができるため、より効果的なセカンドオピニオンを受けることができます。

この &Buzzニュースは、Serai.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました