【&Buzzの口コミニュース】スマホやノートPCのバッテリー持ちを「テープの素材を変える」だけで改善できるという研究結果 – GIGAZINE

&BuzzのTECHニュース

【要約】

カナダのダルハウジー大学の研究チームが、リチウムイオン電池の自己放電を抑制するために、バッテリーセルの電極を固定するテープの素材をポリエチレンテレフタラート(PET)からポリプロピレン(PP)に変えることを報告しました。このテープの変更により、自己放電が70%減少し、バッテリー寿命が10%延びることが実証されました。テープの材料切り替えは容易で、製造コストもほとんど変わりません。リチウムイオン電池の自己放電現象への新たな対策として期待されています。

【感想】

&Buzzとしては、この研究結果を見守っていきたいと思います。バッテリーの持続時間や自己放電の問題は、多くの人々にとって重要なテーマです。この研究チームの成果は、バッテリー技術の進化と持続可能なエネルギー利用に向けた一歩として評価されます。今後の実用化や展開に期待し、バッテリー関連の製品やサービスの改善に積極的に貢献していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました