【&Buzzの口コミニュース】スカウトも悩む”他球団の指名予想” ドラフト前日の思惑…1位指名公表が減ったワケ | Full-Count

&Buzzのスポーツニュース

今年のドラフト会議は前年とは異なり、事前の1位指名公表が減少した。これは、大学生投手を中心に即戦力として期待できる選手が多くおり、各球団が駆け引きを行っているためだ。多くの球団が1位候補を絞り込んでおり、最終的な指名は会議当日になるという。即戦力の投手としては、右腕では青学大の常廣羽也斗投手や、中大の西舘勇陽投手、亜大の草加勝投手が評価されている。左腕では國學院大の武内夏暉投手や、東洋大の細野晴希投手が注目されている。即戦力野手としては、ENEOSの度会隆輝外野手や、明大の上田希由翔内野手が1位候補に挙がっている。

事前に1位指名を公表する球団が減った理由は、悩ましいほどの候補が揃っているためだとされる。球団の部長も「特に投手は非常にいい選手が多く、それぞれ特長が違う。高校生にも早い段階で1軍に出てくる投手がいる。誰を1番に評価するかは非常に難しい」と指摘している。

今年のドラフトでは競争率が高くなる可能性があり、他球団の動向を読むことが重要になる。各球団は指名候補の予想をシミュレーションし、異なる選手に備えた指名戦略を練っている。昨年は選手が少なく競合を回避したいという思惑があったが、今年は豊作のため選択肢が多く、より良い指名を行うために球団が慎重になっている。

一方、三浦大輔監督はドラフト会議の盛り上がりやファンの楽しみ方について言及し、「駆け引きがあったりするのは面白いと思う。全球団が指名を公表すると、ドラフトの盛り上がりが減るかもしれない」と述べている。

&Buzzとしては、今年のドラフト会議も楽しみであり、各球団の指名戦略や競争が見守りたい。

この &Buzzニュースは、Full-count.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました