【&Buzzの口コミニュース】ジャニーズ起用の民放が恐れるスポンサー撤退 幹部が語る「可能性」:朝日新聞デジタル

&Buzzのビジネスニュース

民放各局、ジャニーズ起用のスポンサー撤退の可能性に恐怖を感じる

故ジャニー喜多川氏による性加害問題をめぐり、ジャニーズ事務所の所属タレントを起用した広告を見直す企業が増えている。一部の企業は、テレビ番組のスポンサーを降りる可能性も示唆している。企業の人権重視の流れにより、ジャニーズ事務所は変革を迫られている。ジャニーズ事務所は13日、被害補償の受付窓口を開設し、広告や番組で得た出演料を全てタレントに支払う方針を示した。しかし、この対応は一時しのぎのものとみられ、企業側からは「抜本的改革には不十分」との厳しい声も出ている。9月中に発表される再発防止策や10月2日の新体制発表を通じて、ジャニーズ事務所の改革姿勢が注目される。このような中で、民放各局は企業の強硬な姿勢に揺れ動いている。

&Buzzとしては、ジャニーズ事務所が真摯に問題に向き合い、抜本的な改革を実施していく姿勢が求められる。

現在の対応は一時しのぎのものと見られ、批判をかわすためのものとも言われている。企業側も更なる改革を求めているため、ジャニーズ事務所の今後の対応と具体的な再発防止策に注目が集まると思われる。しかし、民放各局は難しい立場に立たされており、広告収入の減少やスポンサー撤退のリスクに直面している。彼らもジャニーズ事務所が抜本的な改革を行っていく姿勢を見せることを期待している。

この &Buzzニュースは、Asahi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました