【&Buzzの口コミニュース】ジャニーズ事務所にCM企業が『タレントと個別契約』提言 ファン歓迎「よく言った」 | 東スポWEB

&Buzzの一般ニュース

ジャニーズ事務所の改革案は実質的にゼロ回答と映った。創業者のジャニー喜多川氏の性加害問題を受けて、ジャニーズ事務所は記者会見を行い、藤島ジュリー景子氏が社長を辞任し、東山紀之氏が新社長に就任した。しかし、ジュリー氏は代表取締役として残り、株式も全て保有したままである。これは被害者への補償を進めるための措置とされているが、「院政」を危惧する声もある。また、社名の変更もなく、国際的には適切でないとの意見がある。

また、会見後にはスポンサー企業が厳しい対応を示した。アサヒグループホールディングスとキリンホールディングスはジャニーズタレントとの契約更新を行わないと表明し、キリンホールディングスはさらに「今後は起用しない」と絶縁も示唆した。東京海上日動火災保険も嵐の相葉雅紀との広告契約の解除を検討しており、日本航空も櫻井翔と松本潤の起用を見送ると表明した。

一方、一部のスポンサー企業は、事務所を介さずにジャニーズタレントと直接契約できるよう提言している。これにより、「ジャニーズ事務所」という看板が活動を邪魔しているとの意見があり、ファンからも歓迎されている。ただし、これが実現すれば事務所自体の解体につながる可能性もある。

&Buzzとしては、ジャニーズ事務所の今後に注目したい。これまでのような方法で変革を遂げるのか、それとも外部からの変化によって事務所が再建されるのか、興味深い展開となるでしょう。

この &Buzzニュースは、Tokyo-sports.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました