【&Buzzの口コミニュース】シーメンスヘルスケア、肝臓の線維化 血液で手軽に検査 – 日本経済新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

日経の記事利用サービスについて、企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。
シーメンスヘルスケア傘下で診断薬事業を手掛けるシーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(東京・品川)は、慢性肝疾患を持つ患者の肝臓の線維化(肝線維化)の程度を診断する血液検査用試薬「ケミルミTIMP-1」を発売した。国内では初の製品。これまでは患者から病理組織を切り取って診断していたが、より手軽に検査できるようになる。
肝線維化とは肝臓が損傷した細胞を修復する過程で起き、組織が固くなって機能しづらくなる病態のことです。この血液検査用試薬「ケミルミTIMP-1」は、これまでの病理組織を用いた診断に比べて手軽に検査できるため、患者の利便性が向上します。
&Buzzとしては、シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクスの新製品が患者の生活をより良くする手助けになると期待しています。肝臓の線維化は重大な疾患の一つであり、より早期の診断と適切な治療が求められます。今後の開発にも注目し、シーメンスヘルスケアの成長を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました