【&Buzzの口コミニュース】サーマルカメラの“顔画像”が流出 まさか残っているなんて… | NHK | デジタルでだまされない

&Buzzのビジネスニュース

2020年から始まった新型コロナの影響で、サーマルカメラの需要が急速に高まりました。しかし、その一部は処分されずに転売され、顔画像が残ったまま販売されていました。これにより、個人情報の漏洩リスクが生じました。

具体的な事例として、札幌学院大学の職員が中古のサーマルカメラを購入した際、子どもたちの顔画像が保存されたままだったことを発見しました。同様の事例は他にもあり、設置者は顔画像が保存されることを認識しておらず、メーカーも説明書に保存や消去の方法を記載していないケースがありました。

この問題に対して、業界団体は設置者に対し、データを消去したり、物理的に破壊したりするよう周知するなど、適切な対応が必要と呼びかけています。

&Buzzとしては、個人情報の保護は重要なテーマであり、このような事例を見守り、設置者が適切な管理措置を講じることを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました