【&Buzzの口コミニュース】サードパーティ製プリンタードライバーの「Windows Update」提供は段階的に終了へ – 窓の杜

&BuzzのTECHニュース

【要約】Microsoftは、Windowsでのサードパーティ製プリンタードライバーの「Windows Update」提供を段階的に終了することを発表しました。Windows 10 バージョン 21H2からは「IPP」「Mopria」印刷プロトコルに準拠したドライバーが同梱されるため、プリンターメーカーは独自のインストーラーやドライバーを提供する必要がなくなります。ユーザーもMopria認定プリンターを使用すれば追加のソフトやカスタムドライバーを導入する必要はありません。ただし、レガシープリンタードライバーは引き続きメーカーのサポートページからダウンロードして利用することができます。

【感想】マーケティング担当者としては、Microsoftのプリンタードライバー提供の変更により、プリンターの導入プロセスが簡素化されることは大歓迎です。特にMopria認定プリンターの普及が進めば、ユーザーはより使いやすい環境で印刷が行えるようになるでしょう。この動きを見守り、Mopria認定プリンターを活用することで生産性向上やコスト削減を実現する企業を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Impress.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました