【&Buzzの口コミニュース】コロナワクチンだけじゃない 「ノーベル賞」研究 次の実用化は | 毎日新聞

&Buzzのサイエンスニュース

【ノーベル賞】を
2023年10月10日(火)

今年のノーベル賞は、mRNAワクチンの開発に貢献したカタリン・カリコ特任教授とドリュー・ワイスマン教授によって受賞されました。mRNAは体内でたんぱく質の生産を担う遺伝物質であり、設計図として機能します。mRNAワクチンは、病気の治療に幅広く応用される可能性を秘めており、特にがんワクチンへの応用が期待されています。ノーベル賞を受賞した2人の研究成果は、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるために大きな役割を果たしました。
田中韻
寺町六花

1年前のロシアによるウクライナへの軍事侵攻から戦闘は長期化し、国際社会も大きく変化しました。国際情勢の行方が注目される中、私たちが見守り、応援していくことが重要です。
鳥井真平
松本光樹

2023年9月に開催されたラグビー・ワールドカップ(W杯)フランス大会の特集ページです。世界各国のラグビーチームの活躍に期待しており、応援していきたいと思います。
&Buzzとしては、ノーベル賞の受賞者の業績が注目されています。mRNAワクチンの開発は新型コロナウイルス感染症の対策に大きな役割を果たしましたが、これをさらに進めてがん治療など他の疾患の治療にも応用できる可能性を秘めています。研究の進展や実用化への取り組みに注目し、応援していきたいです。
&Buzzとしては、国際社会でのロシアによるウクライナへの軍事侵攻が長期化し、情勢の変化が懸念されます。戦闘の終結と平和な解決が早く実現することを期待しています。
&Buzzとしては、ラグビー・ワールドカップ(W杯)フランス大会の成功を祈ります。各国のラグビーチームの活躍に注目し、応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました