【&Buzzの口コミニュース】コロナワクチンだけじゃない 「ノーベル賞」研究 次の実用化は | 毎日新聞

&Buzzのサイエンスニュース

2023年10月10日(火)

特集
連載
特集
連載
媒体
特集
連載
媒体
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
媒体
北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄
特集
連載

特集
ノーベル賞
「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。
特集一覧
 メッセンジャー(m)RNA、アト秒、量子ドット。今年のノーベル自然科学3賞のキーワードだ。科学好きの人でも、mRNA以外は初めて聞く言葉だったかもしれないが、既に身近な製品で使われていたり、新しいタイプの治療で活用されようとしたりしている。
 生理学・医学賞を受賞するのは、米ペンシルベニア大のカタリン・カリコ特任教授とドリュー・ワイスマン教授。2人はmRNAワクチンを開発し、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるのに貢献した。
 mRNAは遺伝物質で、体内でさまざまな役割を担うたんぱく質の「設計図」だ。体内に投与されると、設計図にのっとって細胞内でたんぱく質が生産される。mRNAの種類を変えることで、狙い通りのたんぱく質を生産することができる。
 たんぱく質は、種類によって病気の治療が期待できる。このため、mRNAワクチンは幅広い疾患の治療ができる可能性を秘める。
 新型コロナでは普及したが、他の病気の治療への応用も期待されている。最も期待されているのが「がんワクチン」への応用だ。…

残り2048文字(全文2516文字)

ご登録から1カ月間は99円

【ノーベル賞】を

田中韻
寺町六花
鳥井真平
松本光樹
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。
2023年9月開催のラグビー・ワールドカップ(W杯)フランス大会の特集ページです。
「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。
日本の物価が上がっています。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、賃上げの動きも見られます。
ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長による少年への性加害問題。長年放置された被害と、マスコミや企業の姿勢が問われています。
安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。
新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集
ノーベル賞
「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。
特集一覧
 メッセンジャー(m)RNA、アト秒、量子ドット。今年のノーベル自然科学3賞のキーワードだ。科学好きの人でも、mRNA以外は初めて聞く言葉だったかもしれないが、既に身近な製品で使われていたり、新しいタイプの治療で活用されようとしたりしている。
 生理学・医学賞を受賞するのは、米ペンシルベニア大のカタリン・カリコ特任教授とドリュー・ワイスマン教授。2人はmRNAワクチンを開発し、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるのに貢献した。
 mRNAは遺伝物質で、体内でさまざまな役割を担うたんぱく質の「設計図」だ。体内に投与されると、設計図にのっとって細胞内でたんぱく質が生産される。mRNAの種類を変えることで、狙い通りのたんぱく質を生産することができる。
 たんぱく質は、種類によって病気の治療が期待できる。このため、mRNAワクチンは幅広い疾患の治療ができる可能性を秘める。
 新型コロナでは普及したが、他の病気の治療への応用も期待されている。最も期待されているのが「がんワクチン」への応用だ。…

残り2048文字(全文2516文字)

ご登録から1カ月間は99円

【ノーベル賞】を

田中韻
寺町六花
鳥井真平
松本光樹
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。
2023年9月開催のラグビー・ワールドカップ(W杯)フランス大会の特集ページです。
「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。
日本の物価が上がっています。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、賃上げの動きも見られます。
ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長による少年への性加害問題。長年放置された被害と、マスコミや企業の姿勢が問われています。
安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。
新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

①要約をリライトし、合理的な範囲内で膨らませてください。
ノーベル賞は「世界で最も権威のある賞」として知られており、今年の受賞研究・活動について注目されています。特に今年の自然科学部門では、メッセンジャー(m)RNA、アト秒、量子ドットというキーワードが挙げられています。これらの言葉は一般の人にとっては初めて聞くものかもしれませんが、既に身近な製品に使用されたり、新しい治療方法として活用されたりしています。生理学・医学賞では、米ペンシルベニア大のカタリン・カリコ特任教授とドリュー・ワイスマン教授が受賞しました。2人はmRNAワクチンの開発により、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるのに貢献しました。mRNAは遺伝物質であり、体内で役割を担うたんぱく質の「設計図」となります。投与されると細胞内で指定されたたんぱく質が生産されるため、多くの疾患の治療に利用できる可能性があります。特に「がんワクチン」の応用には大きな期待が寄せられています。

②このニュースの内容に対する感想を300文字

&Buzzとしてはノーベル賞の授与に対して興味津々です。メッセンジャー(m)RNA、アト秒、量子ドットなど、一般の人にはなじみのないキーワードが複数入り、今後の科学技術の発展が期待されます。特にmRNAワクチンの開発で新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えることに貢献した研究者には感謝の意を表したいと思います。mRNAの応用により、幅広い疾患の治療が可能になる可能性もあり、がんワクチンへの応用には今後の成果に期待したいです。このような革新的な研究が続くことで、医療の進歩につながり、多くの人々の健康な未来が実現することを&Buzzとしては見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました