【&Buzzの口コミニュース】コロナの加熱源はニュートリノ? 「電弱ホール効果」の理論が提唱される | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

「コロナ加熱問題」と呼ばれる太陽のコロナの温度上昇現象について、北海道大学の石川健三氏と北海道科学大学の飛田豊氏の研究チームが新たな理論を提唱しました。彼らは「電弱ホール効果」という現象を通じて、素粒子であるニュートリノが光子に崩壊することがコロナの加熱の原因ではないかと主張しています。

いままでの説では、波動説や磁気リコネクション説が主流でしたが、どちらもコロナの温度上昇を十分に説明することができませんでした。しかし、石川氏と飛田氏の提唱する電弱ホール効果は、光子やニュートリノの相互作用を通じてコロナが加熱される可能性を示唆しています。

&Buzzとしては、石川氏と飛田氏の新しい理論が有望なものであると考えています。この理論が正しければ、コロナ加熱問題の解明に大きな進展が見込まれます。しかしながら、具体的な実証はまだ行われていないため、今後の観測や研究が重要です。&Buzzは彼らの研究を見守り、この謎の解明に向けて応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました