【&Buzzの口コミニュース】コラム:日米中銀会合後は円安か、過去2回と同じ結果に導く要因は何か=佐々木融氏 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

【ニュース要約】 米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合が注目されている。過去の2回の会合では、いずれもドル/円相場は上昇傾向だった。FOMCでは25bpの利上げが行われ、日銀はYCCの柔軟化を決定し、長期金利の上限を引き上げた。今回の会合でもドル/円相場が上昇する可能性が高いとされている。

【感想】 マーケティング担当者としては、日米中銀会合後の円安傾向に注目したいと思います。過去の2回の会合では、ドル/円相場が上昇しましたが、今回も同様の結果が予想されます。FOMCでの利上げや日銀の柔軟化政策により、ドルが買われる可能性があります。ただし、中長期的な相関関係はあてになりませんので、市場の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました