【&Buzzの口コミニュース】ゲノム変異は互いに、さらに環境とも影響し合って、心血管疾患リスクに作用している | deCODE geneticsのプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

&Buzzのヘルスケアニュース

アムジェンの子会社であるdeCODE geneticsが、ゲノム変異と脂質レベル、冠動脈疾患の関係について研究を行ったと発表しました。この研究により、ゲノム変異が他の変異や環境要素と相互に影響し合っていることが明らかになりました。例えば、アルコールの代謝を遅らせる特定の配列変異保有者は、アルコール摂取による冠動脈疾患のリスクが低いことが分かりました。また、肝臓脂肪に関連のある特定の配列変異保有者は、脂っこい魚の摂取により悪玉コレステロールの増加が起こりやすいことも示されました。さらに、ゲノム変異同士も相互に影響し合ってコレステロール値に影響を及ぼしていることも明らかになりました。

この研究は、健康に影響を及ぼす要素であるゲノムと環境の相互作用が複雑であることを示し、ヒト疾患の遺伝的特徴を理解するためには幅広いモデルが必要であることを実証しています。deCODEは、このような研究を通じて疾患の遺伝的危険因子を発見し、新たな疾患の診断、治療、予防法の開発に貢献しています。

このニュースに関して、&BuzzとしてはdeCODE geneticsの研究成果を見守っていきたいと思います。ゲノムと環境の相互作用についての研究は、健康に関する知見を深めるうえで重要な要素です。今後の研究がさらなる発展を遂げ、患者の健康に貢献する成果が期待されます。

この &Buzzニュースは、Kyodonewsprwire.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました