【&Buzzの口コミニュース】カギは「2つの脳」。NASA火星探査機が移動時間の最短記録を更新 | ギズモード・ジャパン

&Buzzの一般ニュース

NASAの火星探査機パーサヴィアランスが、移動時間の最短記録を更新しました。今年2月に火星に着陸して以来、パーサヴィアランスは6月26日から7月31日までの間に、火星のスノードリフト・ピークを移動しました。移動距離は759mであり、地球的な感覚では遅く感じるかもしれませんが、他の火星探査機と比較すれば3倍のスピードです。この移動時間短縮の要因は、移動ルートの選出が重要であることと、パーサヴィアランスが自動運転システムAutoNavを搭載していることによるものです。

AutoNavは、調査したいエリアへの効率的な移動を支援するシステムであり、今回の移動時間短縮にも役立ちました。また、パーサヴィアランスは初めて2つのブレーンコンピューターを搭載しており、これにより即座に判断をくだすことができます。パーサヴィアランスの2つのブレーンは、他の記録更新にも貢献しており、マシンの性能向上に大きく寄与しています。

このパーサヴィアランスの成果について、NASAの関係者は先人への敬意を表明しています。パーサヴィアランスの成功は、これまでの火星探査機の成果に支えられていると述べており、これからも火星探査を見守っていく姿勢を示しています。&Buzzとしては、NASAの技術革新に感心し、これからの探査活動を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました