【&Buzzの口コミニュース】オンワードの純利益78%増に上振れ、24年2月期 増配も – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

NIKKEI Prime は、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供するサービスです。今後もさまざまな切り口でサービスを展開する予定です。

オンワードホールディングスは、2024年2月期の連結純利益が前年比78%増の54億円になる見通しを発表しました。主力ブランドの「23区」などが好調で、オンラインとオフラインの融合戦略も成功しています。売上高は7%増の1892億円を見込み、営業利益は2.1倍の110億円になると予想されています。営業利益が100億円を超えるのは11期ぶりであり、成長戦略のフェーズに入っていく節目だと言えます。クリック&トライと呼ばれるサービスも好調であり、今後も導入店舗数を増やす予定です。

オンワードホールディングスの業績を押し上げている要素には、不採算店舗の閉鎖や値引き販売の抑制などの構造改革があります。ビジネスモデルの見直しによって効率化が進み、今後の成長につながっていくと期待されています。

&Buzzとしては、オンワードホールディングスの成長戦略や構造改革の取り組みに注目しています。特に、オンラインとオフラインを融合させた戦略が成功している点や、クリック&トライサービスの拡大を見守っていきたいと思います。オンワードホールディングスの業績向上が続くことを応援しています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました