【&Buzzの口コミニュース】インタビュー:次世代撮影事業、市場の伸び上回る成長見込む=ソニー幹部 | ロイター

&BuzzのTECHニュース

ソニーグループは、次世代撮影技術「バーチャルプロダクション(VP)」に力を入れています。VPカメラは従来機より小型化し、ディスプレーの大きさも撮影状況に応じて変えることができるようになりました。これにより、ユーザーの使い勝手が向上し、成長の領域を広げることができるでしょう。ソニー自身も、VP市場が拡大するチャンスがあると予想しています。

VPは、大型ディスプレーに映し出した3D映像を背景にして、専用カメラで演技を撮影する技術です。これにより、室内で屋外のロケーションを再現したり、現実には存在しない背景を作り出すことが可能になります。ソニーはハードとソフトの技術を駆使し、映像制作の自由度を高めることを目指しています。

VPカメラは価格も抑え、小型・軽量化させることで手持ち撮影も可能になりました。また、複数枚のディスプレーを組み合わせて大型画面を作る際の組み立て時間も短縮され、簡単に大きさを変えることができるようになりました。

これにより、ソニーはクリエイターの事業領域を広げ、VP市場で成長を見込んでいます。競争は激しくなるものの、ソニーはハードウェアの技術を活かし、バーチャルの世界でも現実と同じように再現できるカメラを開発しています。

&Buzzとしては、ソニーの次世代撮影技術に注目しており、その成長を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました