【&Buzzの口コミニュース】イトーヨーカ堂、福島から撤退 残る2店、2024年5月ごろ閉店 | 毎日新聞

&Buzzのビジネスニュース

2023年9月18日(月)
特集
連載
特集
連載
媒体
特集
連載
媒体
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
媒体
北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄
特集
連載

総合スーパー「イトーヨーカ堂」の福島店(福島市太田町)と郡山店(福島県郡山市西ノ内)が2024年5月ごろに閉店することが17日、複数の関係者への取材で分かった。県内では21年2月に平店(いわき市)が閉店し、現在営業を続けているのはこの2店舗だけで、イトーヨーカ堂は県内から完全撤退する見通しとなった。
セブン&アイ・ホールディングス(HD)の担当者は16日に両店を訪れ、閉店の時期を通告したという。正式な閉店時期は今後決まる見通しで、後継店などについては調整中だという。
セブン&アイHDは今年3月、赤字が続くイトーヨーカ堂の運営合理化策として、国内店舗を2割削減し、26年2月末に93店にすると発表していた。
福島店は1985年に開業。JR福島駅西口の正面に位置し、1~3階に生鮮食品や紳士服の売り場のほか、旅行代理店や飲食店など約10店のテナントが入っている。郡山店は89年に開業し、4階建ての建物に美容院や生花店など約20店のテナントが営業している。
閉店の見通しになったことに戸惑う買い物客が目立った。福島市八島田の加藤毅さん(59)は17日午前、サッカーを始めたばかりの小学2年の孫の練習着を探しに福島店を訪れた。「閉店したらどこに買いに行けばいいのか」と困惑した。同市野田町の中村洋子さん(85)は、同居する長女と1日おきに来店し、食料品などを買い求める。閉店の知らせを聞き、「洋服も買えて便利だったから困るね。(後継店には)衣料品も取り扱ってほしい」と話した。高校の同級生と待ち合わせをしていた同市笹木野の60代女性は、駅に来ると必ず寄っているという。「30年以上通っている。東口にあった(デパートの)中合もなくなり、街並みが変わってしまって寂しくなる」と嘆いた。

【肥沼直寛】

要約:
福島県内の総合スーパー「イトーヨーカ堂」の福島店と郡山店は2024年5月ごろに閉店することが分かった。平店を除けば、県内にはこの2店舗のみ残り、イトーヨーカ堂は県内から完全撤退する見通しとなっている。セブン&アイHDはこの閉店により、全国の店舗数を削減し、赤字運営に歯止めをかけようとしている。

&Buzzとしては、福島県内からの撤退により、地域経済への影響が懸念されます。特に福島店は1985年から営業を続けており、市民の生活に密接に関わってきたため、地域の人々にとっては大きなショックとなるでしょう。バラエティ豊かな商品やテナントが揃っていたため、地域住民にとって買い物の楽しみの一つでもありました。今後の後継店舗や新たな商業施設の出現に期待し、地域経済の回復を願っています。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました