【&Buzzの口コミニュース】アルツハイマー病の症状が腸内細菌を介して「うつる」ことが判明! – ナゾロジー

&Buzzのヘルスケアニュース

2023年10月18日に『Brain』誌で公開されたアイルランドの研究によると、アルツハイマー病のマウスの腸内細菌を健康なマウスに移植すると、アルツハイマー病の記憶障害が発生することが示されました。また、アルツハイマー病が進行しているほど、移植によってより重度の記憶障害が引き起こされることが判明しています。

この研究結果により、「アルツハイマー病の症状が腸内細菌を介して健康な生物に伝播する可能性があることが、世界で初めて確認された」と研究者は述べています。

なぜマウスの腸内細菌が健康なマウスに悪影響を及ぼしたのかについては、まだわかっていません。しかし、アルツハイマー病の患者は有害な腸内細菌を多く持っていることが知られており、腸内細菌を介した伝播が起こり得る可能性が示唆されています。

この研究結果は、アルツハイマー病の原因には脳以外の要因も関与している可能性があることを示しており、将来的には腸内細菌をターゲットとした治療法や予防策の開発につながる可能性があります。

&Buzzとしては、アルツハイマー病の研究は非常に重要であり、今後のさらなる研究が待たれると考えています。アルツハイマー病は高齢者の認知症の主な原因であり、その治療や予防方法を見つけることは、多くの人々の生活の質を向上させる可能性があります。この研究結果が進んでいく中での一歩として、注目をして見守っていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました